ダニール・クビアト 「2023年もF1復帰にこだわるほど頑固ではない」
ダニール・クビアトは、2023年にF1グリッドへの復帰は除外していないが、“新しいことを試す”準備はできていると語る。

2022年のF1グリッドはほぼすべてのシートが埋まっているため、今シーズンにアルピーヌF1のリザーブドライバーを務めるダニール・クビアトは、すでに2022年のF1復帰の可能性を除外している。

「多くの選択肢を受け入れている」とダニール・クビアトは Match TV に語った。

「アメリカに興味がある。ヨーロッパでの選択肢を検討する準備もできている」

「レースをしたいので、F1が2022年にうまくいかない場合に、2023年に戻ろうするほど僕は頑固すぎるわけではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / アルピーヌ