ダニール・クビアト、2022年の雨天用18インチF1タイヤで91周を走破
元F1ドライバーのダニール・クビアトが、9月15日(水)にフランスのマニクールで2022年のF1タイヤテストプログラムをけいぞくした。

アルピーヌF1のリザーブドライバーを務めるダニール・クビアトは、2022年のインターミディエイトとウェットタイヤのテストのためにウェットコンディションのトラックで91周を走破した。

マニクールは、1991年から2008年までF1のフランスGPを主催していたが、それ以降、F1ではテストでかろうじて使用されている。

ピレリは、2022年の18インチタイヤの導入に備えて、今年を通して一連のテストを実施。ドライタイヤのテストはすでに終了しており、今月にもコンパンドを承認する。

トロロッソ、レッドブル、アルファタウリで110戦をスタートしたダニール・クビアトは、フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンのバックアップとして2021年にアルピーヌに加わった。

「タイヤの開発を完了し、ブダペストの後、結果を分析した」とピレリのF1タイヤ責任者を務めるマリオ・イゾラは語った。

「次のプロダクトには非常に満足している。ドライバーからのフィードバックは好意的だった。チームがテスト用に提供したミュールカーで2022タイヤを開発しているので、新しいマシンで何が起こるか見てみよう」

「我々は新しいマシンでより高い負荷を期待しているので、明らかにこれはタイヤに影響を与える」

「我々はアブダビでのポストシーズンテストにむけて準備している。ここでは、すべてのチームが来年のプロダクトの最終バージョンをテストし、重要な情報を入手する機会となる。これが現在の進捗状況だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ピレリ / アルピーヌ