ダニール・クビアト 「2021年についてはまだすべてがオープン」 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、2021年のF1シートがまだ不透明な状況となっているが、2020年シーズンが終了するまで“戦い続ける”と語る。

2014年にF1デビューしたダニール・クビアトは、F1で105回のスタートを切り、キャリアの大部分をトロロッソ/アルファタウリで過ごしてきたが、2021年のシートは脅威にさらされている。

アルファタウリ・ホンダは、日本人ドライバーである角田裕毅の2021年のF1昇格を見越して準備を強化している。

現在、FIA-F2でランキング3位の角田裕毅は、すでにアルファタウリ・ホンダでシート合わせを行い、12月の若手ドライバーテストに先立ち、来週イモラで2018年F1マシンをドライブする予定となっている。

そして、10月28日(水)にはピエール・ガスリーが2021年もアルファタウリ・ホンダに残留することが発表された。

「正直なところ、まったく心配していない」とダニール・クビアトは語る。

「来年F1ににいられれば、それは良いことだ。そうでない場合はそういうことだ」

「すべてがまだオープンだ。このようなクレイジーな状況では何が起こるか分からない。最後まで戦い続けて、チャンスを掴む必要がある」

「とにかく自分のベストを尽くしているし、残りの5レースでベストを尽くしていく。何が起こっても、年末に何が起こるかに基づいて決定を下すつもりだ」

今季、ダニール・クビアトは、チームメイトのピエール・ガスリーと比較して控えめなシーズンを過ごしている。

ピエール・ガスリーがF1イタリアGPでの優勝を含めて63ポイントを獲得したランキング9位につけているのに対し、ダニール・クビアトは14ポイントの14位となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / アルファタウリ