F1 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダから2019年にF1復帰を果たすことが決定したダニール・クビアトは、F1から離れていたこの1年間、精神状態に焦点を当てていたと語る。

ダニール・クビアトは、2019年にレッドブル・レーシングに移籍するピエール・ガスリーの後任として2019年のF1シーズンにトロロッソ・ホンダで電撃復帰を果たす。

かつてトロロッソでF1デビューを果たしたダニール・クビアトは、2015年にトップチームのレッドブル・レーシングに移籍するも、2016年に4戦を走った後、マックス・フェルスタッペンと交代するかたちでトロロッソに降格。

その後、スランプに陥ったダニール・クビアトは、昨年シーズン後半にトロロッソがピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーの起用を決定したことでF1シートを失い、レッドブルのプログラムからも外された。

今年はスポーツを離れ、フェラーリのテスト兼開発ドライバーを務めていた。

ダニール・クビアトは、F1に復帰するためには自分の精神状態に取り組む必要があったと語る。

「今はとてもポジティブだし、戻ることができてとても嬉しい」とダニール・クビアトはコメント。

「でも、永遠に喜んでいることはできない。この先に多くの多くの仕事があることを認識しなければならない」

「今年は自分自身にかなり取り組んできた。良い精神状態にいることが重要だと思うし、今年、それがまさに僕が集中してきたことだ。いつ復帰できるかわからないとしてもね。それを知った後は、非常にポジティブなものになると確信した」

「このような浮き沈みはすべて人生の一部だ。すべてのアスリートのキャリアで目にすることだし、トップまでの道のりは決して一直線ではない。常にそういうものだ。ある意味で必要な日々であり、必要な期間だ。それらを乗り越えなければならない。それがまさに起こったことだ。新しいチャレンジであり、とても楽しみにしている」

トロロッソのチーム代表フランツ・トストは、2019年にF1復帰するダニール・クビアトが競争力を発揮することを期待していると語る。

「彼はリラックスしている。1年前よりもはるかに落ち着いているように感じる。競争力のあるダニール・クビアトを予想している」とフランツ・トストはコメント。

「彼が非常に速く、非常にレベルの高い天性のスピードを持っていることは我々全員が知っている。彼はクルマに座り、右側のペダルを踏むだけでいい。彼にはそれができるので、良い結果を見せるだろう。それは我々全員が知っていることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニール・クビアト | トロロッソ | ホンダF1