スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1
2018年からトロ・ロッソがホンダのF1パワーユニットを搭載することになるという報道について、ドライバーを務めるダニール・クビアトは前向きに捉えているようだ。

マクラーレンとホンダの契約解消は14日(木)にもシンガポールで発表されると予想されている。現在、発表が予想されているシナリオは、2018年からホンダがトロ・ロッソにパワーユニットを供給し、現在、トロ・ロッソに供給されているルノーのパワーユニットをマクラーレンが獲得するというもの。

2018年にトロ・ロッソがルノーからホンダにパワーユニットを変更するという噂について質問されたダニール・クビアトは「正式な発表があるまでそれについてコメントするつもりはない」としつつも、「どんなことが起こったとしても、チームにとっては良いことだろうね」と前向きに述べた。

トロ・ロッソはまだドライバーラインナップを発表していないが、ダニール・クビアトは来季も残留するとみられいている。

一方、現在トロ・ロッソでダニール・クビアトのチームメイトを務めるカルロス・サインツは、ルノーに加入するとされている。早ければF1マレーシアGPで移籍との噂もあるが、少なくとも2018年にローン移籍することは確実なようだ。

「多くの噂が広まっているのは知っているし、多くのことが言われているけど、僕としてはいつも通りでいたい・・・週末に集中して、将来についてはあまりコメントしないことだ」

だが、FIAがシンガポールの記者会見に召集したメンバーを考えれば、今後2日間で大きな契約が発表されるかどうかには疑問が残る。

木曜日にはマクラーレン・ホンダとの契約が今シーズン末で切れるフェルナンド・アロンソ、そして金曜日にはマクラーレン、ホンダ、レッドブル、トロ・ロッソの代表者が記者会見に出席する予定となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニール・クビアト | トロ・ロッソ | ホンダ