デビッド・クルサード
デビッド・クルサードは、F1からの引退が少なくとも1年は早すぎたと考えている。

デビッド・クルサードは、厳しいテストやレース週末をもう1年経験するエネルギーがないと懸念して、2008年シーズン末にF1を引退した。

しかし、2009年はシーズン中のテストが禁止されており、クルサードは、後任のセバスチャン・ベッテルのかわりにタイトル争いができたはずだと語る。

「このようにプレッシャーの大きなスポーツでは、毎回体力を回復して、結果を出さなければならない。自分にそのエネルギーがあるか心配だったんだ」とクルサードは語る。

「ご存知のようにレギュレーションが変わったので、これなら僕にもシーズンに対応するエネルギーはあっただろう」

しかし、2005年のチーム誕生以来レッドブルに在籍していたクルサードは、チームのためにレースができないことを後悔してはおらず、レッドブルのコンサルタント兼テストドライバーという新しい役割に満足していると主張した。

「レッドブルは立派な後継者を見つけたと思う。後手に回るよりも、先手に回る方がよかったんだ。最後まで自分の引退する時期に気付かないというよりもマシだからね」

「僕はキャリアを通じて、最高のマシン、優勝できるマシンに乗るチャンスがあった。そして、数年前レッドブルに移籍して、チームの発展に協力した」

「中団に留まったままでいるチームもあるけど、僕はスタッフと協力してレッドブルの積極的な発展に影響を与えたし、チームは毎年進歩していった」

「チームの進歩とグランプリドライバーとしての僕の引退がたまたま同時に起こったが、良いマシンができたことに満足しているよ」

「誕生したときから、このチームの進歩には僕の息がかかっている。だからチームで働く700人のスタッフと同じように僕もチームの一員だと感じている」

現在、デビッド・クルサードは、BBCのF1解説者としての仕事があり、昨年には父親になり、F1の仕事もある。

「引退してまだ6ヶ月だが、父親業とBBCの仕事とレッドブルのテストなどで大忙しだよ」

また、有名なル・マン24時間レースに復帰することもあり得ると言う。

「将来参戦したいと思ったら、可能性を検討してもいいかもしれないね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / デビッド・クルサード / レッドブル