デビッド・クルサード 特別カラーリング
デビッド・クルサードは、彼の引退レースを特別な白のカラーリングのマシンで戦う。

デビッド・クルサードは、日曜日のブラジルGPで彼の246レースにわたるF1キャリアに別れを告げる。そして、引退レースを脊髄研究団体「Wings for Life」のチャリティ募金に捧げる。

クルサードのマシンには、脊髄研究団体「WINGS FOR LIFE」のテーマカラーである白と茶色を基調にした特別カラーリングが施され、エンジンカバーにはいつものレッドブルのマークではなく「WINGS FOR LIFE」のロゴとサイトURLが掲載される。

「対麻痺の治療方法が見つかることを願い、自分の最後のレースをウィングス・フォー・ライフに捧げることにした」

「F1ではわずか数秒が成功を決定付けるが、医療の世界では何年という単位で考えられる。しかし、できるだけ早くゴールにたどり着くには、訓練、野心、献身が欠かせない。ウィングス・フォー・ライフは脊髄研究の進展を助けることができるだろう」

デビッド・クルサード 引退レース 特別カラーリング

デビッド・クルサード 特別カラーリング RB4(画像) デビッド・クルサード 特別カラーリング RB4(画像2) デビッド・クルサード 特別カラーリング RB4(画像3) デビッド・クルサード 特別カラーリング RB4(画像4)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: デビッド・クルサード | レッドブル | F1ブラジルGP