コスワース F1復帰
バーニー・エクレストンは、レッドブルのF1撤退の可能性が高まったことを受け、F1にはコスワースのカスタマーエンジンが必要だと考えているようだ。

Auto Motor Und Sport は、フェラーリが2016年にレッドブルに最新型エンジンだけでなく、1年落ちのエンジンも供給しないことを決めたと報道。

レッドブルに残された選択肢はルノーとの関係継続か、F1から撤退するか、もしくはホンダにアプローチするしかない。

しかし、2015年にマクラーレン・ホンダとしてグリッド復帰したものの、苦戦が続くホンダは、すでに供給契約を否定している。

ホンダがレッドブルにパワーユニットを供給する可能性について質問されたバーニー・エクレストンは「皆が考える以上に選択肢は多い」と Sky Sports に述べている。

フェラーリの状況については「様子を見てみよう。誰かがノーと言っても、実際にノーの意味で言っているとは限らない。もしかしたら、という意味もある。だから、どうなるか見てみよう」と答えた。

もうひとつのエンジンメーカーであるメルセデスは、ワークスチームの主要ライバルになるであろう4連覇王者のレッドブルに対してエンジンを供給することはないと除外している。フェラーリも同じスタンスだと報じられる中、バーニー・エクレストンは、同様の状況に直面するチームやゼロからグリッドに加わろうというチームに向けて、コスワースのカスタマーエンジンのアイデアを口にした。

既存メーカーがF1でパワーを持ちすぎている部分はないかと質問されたバーニー・エクレストンは「ある程度はイエスだ」とコメント。

「もし自分がチームを持っていたとして、メルセデスからエンジンを供給されているとする。何か投票することがある場合、彼らは(メルセデスが)望むものに賛同し、投票しなければならない。さもなければ、エンジンを得られなくなる」

「もう一度コスワースが必要だ。それが基本的に我々の望んでいることだ。チームを始める場合、どこからエンジンを得るのか今はわからない」

エンジンサプライヤーとしてフェラーリに次いでF1史上2番目に多い勝利数を誇るコスワースは2013年にマルシャ(現マノー・マルシャ)に供給したのを最後にグリッドを去っており、翌2014年から採用されたV6ターボエンジンはデザインすらしていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: コスワース | バーニー・エクレストン