DRS F1中国GP
F1中国GPでのDRSゾーンがバークストレートに決定した。

上海インターナショナル・サーキットのバックストレートは、約1.2kmとF1サーキットでも有数のロングストレートとして知られており、多くのドライバーがオーバーテイクのチャンスがあると考えている。ただし、実施にDRSを起動できるのはストレートの中間以降の部分と制限された。

ドライバー間のギャップを検知するポイントはターン12に設置される。DRSをバックストレートで起動させるには、その地点で先行するドライバーの1秒以内にいなければならない。

F1中国GPでドライバーがDRSを使用できるのは、このバックストレート1箇所だけとなっている。

関連:F1 : DRS (Drag Reduction System)とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1中国GP