F1 フェルナンド・アロンソ 2018年のF1世界選手権
F1会長のチェイス・ケアリーは、2018年のフェルナンド・アロンソの活躍を期待していると語る。

過去3年間、マクラーレンでホンダのF1パワーユニットに苦しめられたフェルナンド・アロンソだが、2018年からはルノーのカスタマーエンジンで戦うことになる。

「彼らがルノーのエンジンで新たなエネルギーを見つけられることを期待している」とチェイス・ケアリーは Corriere della Sera にコメント。

「アロンソは我々全員が称賛し、フォローしているドライバーだ。昨年、ロシアのウォームアップラップでリタイアしたときは非常に厳しかった」

フェルナンド・アロンソは、2018年にF1と並行してFIA 世界耐久選手権(WEC)にトヨタから参戦。F1アメリカGPと日程がかぶらないように富士6時間レースの日程が動かされたことで物議を醸している。

 ・アンドレ・ロッテラー、WECの日程変更に苦言 「一貴や可夢偉の立場は?」
 ・ジェンソン・バトン、アロンソ一人のために日程を変更したWECを批判

また、チェイス・ケアリーは、F1撤退をチラつかせているフェラーリにも言及した。

「フェラーリには独特な重要があり、伝説だ。だが、他の全てのチームと同じように扱わなければならない」

「我々はカテゴリーの一員として彼らに残って欲しいと思っている。我々はチームを変えることなくスポーツを良くしたいと思っている」

「契約は合意に達するだろう。だが、一番の目的は交渉の余地はない。ファンの利益が一番だ」

「我々はコース上で提供するショーを改善していかなければならない。空力はその助けにはならないし、いくつかのサーキットの問題も聞かされている」

チェイス・ケアリーは、全体的にリバティメディアのF1での初年度に満足していると語る。

「序盤は組織の役割を調べることが最優先事項だったし、我々はそれを実施した。その後、我々は環境に新鮮な空気を送りたいと思った。バーニーが『レースを観るためにお金を払うことはない』と言うなど、ネガティブなことだけが聞こえていたからね」

「今は全てがよりオープンになっている。多くの社会活動があり、チケット代は下がり、ファンのためのエンターテインメントエリアもできた。その全てが変化を加速させている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: チェイス・ケアリー | フェルナンド・アロンソ