フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「残りの6戦で来年に向けた準備を始めたい」
シャルル・ルクレールは、3年ぶりのF1シンガポールGPに先立ってドライバーズチャンピオンシップでの敗北を受け入れたようであり、スクーデリア・フェラーリが「来年の準備を開始する」ことを望んでいる。

F1は、新型コロナウイルスのパンデミックに続く2年間の不在の後、2019年以来初めて今週末にシンガポールに戻る。今週末は一年で最も過酷な週末であり、シャルル・ルクレールは、日曜日にマリーナ ベイ サーキットで行われる拷問に備えて、できる限りの準備をするために特にハードなトレーニングを行ってきた。

「今回は、シンガポールの前に、より具体的に準備できるように 2 週間の休暇があった。個人的には、車内で遭遇する非常に高温に体を慣らすために、サウナでトレーニングを行った」とシャルル・ルクレールは語った。

「すべての詳細に目を向けることが非常に重要だ。もちろん、常にそうしてきたけど、レースの終盤に体がどんどん疲れてくることを補うためにクリアな心が必要だ。このトラックのチャンジによって、モナコやバクーと並んで、このトラックが僕のお気に入りの 1 つになっている」

シャルル・ルクレールは、F1ワールドチャンピオン争いでマックス フェルスタッペンに敗れたことを認めたよう。フェルスッペンは今週末、数字上では2度目のチャンピオンシップを確定させる可能性がある。

シャルル・ルクレールが、マックス・フェルスタッペンを待ったをかけたいのであれば、トップ8でフィニッシュするか、セルジオ・ペレスがトップ4でフィニッシュすることを望む必要がある。それにもかかわらず、シャルル・ルクレールはフェラーリF1チームが2023年に競争力のある車を手に入れることを望んでいるおり、「完璧を目指して努力する」ために最後の6レースを利用できることを望んでいる。

「僕たちは日曜日の運用を改善したいと考えている。そのためには、自分たちのポテンシャルとクルマのポテンシャルをあらゆる場面で組み合わせる必要がある。それを実行できたときは、期待どおりの結果が得られたけど、常にそれを管理できたわけではなかった」とシャルル・ルクレールは語った。

「夏休み以降、レッドブルは競争力の面でさらに一歩前進したようだ。今シーズンは僕たちが予選で一番強いけど、レースではさまざま理由でポイントを逃してしまった。来年もっと上を目指したいのなら、常に完璧を目指して努力する必要があり、残りの6戦で来年に向けて準備を始めたいと考えている」

シャルル・ルクレール スクーデリア・フェラーリ F1 シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1シンガポールGP