フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「ミスの後に言い訳をするドライバーが理解できない」
スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、一部のドライバーがコース上でミスをした後に言い訳をする理由が理解できないと語る。

現在、F1で5シーズン目を迎えているシャルル・ルクレールは、キャリアを通じて、事故を起こすごとに特に自分自身を批判してきた。

今年のF1フランスGPでは、レースをリードしているときにクラッシュを喫して、タイトル争いで貴重なポイントを失った。

また、イモラでは2位のセルジオ・ペレスを追いているときにスピンを喫し、6位でレースを終えた。

「ミスを犯したときはいつでも自分に厳しくしいている。明らかに、フランスはかなり傷ついたレースの1つだった」とシャルル・ルクレールはBBC Sportsに語った.

「イモラも少しそうだった。コースに戻ることができたけど、多くのポイントは獲得できなかった」

シャルル・ルクレールは、特定のドライバーがミスの後に言い訳をする理由が理解できないと語る。

「ミスは経験の一部だ。どんな仕事をするにしても、それは誰にとっても道のりの一部だ。ある時点でミスは起こる」とシャルル・ルクレールは語った。

「一人一人が異なる方法で対応する。これが僕の対応の仕方だ。そして、僕はいつも自分自身に正直であり、そこから成長することの利点を感じてきた」

「隠す意味がわからない。誰にとってもドライバーに起因するミスであることが明らかなな場合に、風などを言い訳をしようとしているドライバーが理解できない」

「つまり、それは起こりえることだ。200回のクラッシュにうち1回くらい非常に奇妙なことが起こることがある」

「でも、言い訳を探して時間を無駄にするのは好きではない。まさにその時が時間を失い始めて、前に進まなくなるときだ」

「これは、僕の周りで働いている人々にとっても良いことだ。彼らは、僕がミスを犯したときはいつでも、僕が非常に正直になることを知っている。彼らも同じようになることを願っている。そうすれば、誰もがより速く学ぶことができる。フェラーリのようにね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ