フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「リスクを冒さずモナコの呪いを封じ込めたい」
スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、過去にホームグランプリであるF1モナコGPで悩まされた”呪い”を封じ込めるために今週末は大きなリスクを冒すことはないだろうと語る。

モナコ出身のシャルル・ルクレールは、F1とF2での2つのシリーズでの6回の試みでまだレースを完走していない、昨年は予選の最後にクラッシュした後、ポールポジションからスタートすることさえできなかった。

バルセロナでPUの故障によってリタイアを喫して、マックス・フェルスタッペンに首位の座を奪われたシャルル・ルクレールは「僕はシティトラックが大好きだ。リスクを冒してもてあそぶ感じが好きなんだ」とL’Equipeに語った。

「このようなトラックでは、エラーの余地はない。本当にアドレナリンが湧き出てくるのを感じる」

「昨年、フロントローに到達するには奇跡が必要だと分かっていたので、ポールポジションを獲得するために大きなリスクを冒した。そして、壁にぶつかってしまった」

「今回は、ポイントがチャンピオンシップにとって非常に重要であることを理解しているので、それほど大きなリスクを冒すことはない。でも、アプローチを変えるつもりはないし、伝統を守るつもりだ。特に家で寝ることはね」

シャルル・ルクレールは、2022年に自身初のF1ドライバーズタイトルを獲得することに焦点を合わせていると語る。

「僕が望んでいるのはフェラーリでタイトルを獲得することだけだ」とシャルル・ルクレールは語った。

「マックス、ルイス、または他の誰が相手かどうかは関係ない。僕はフェラーリをトップに戻したいと思っている」

「でも、もちろん、今週末はレースに勝ちたい。モナコは僕のホームだ。ここで学校に通っていた。子供の頃にレースをしたとき、先生たちはなぜ僕がクラスにいないのか疑問に思っていた」

「ここで僕の家族、友人、そして、僕を信じてくれているすべての人々の前で勝つことは素晴らしいことだ」

シャルル・ルクレール モナコグランプリ スクーデリア・フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1モナコGP