シャルル・ルクレール 「タイヤの状況を好転させることができた」 / スクーデリア・フェラーリ F1スペインGP 予選
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選でポールポジションを獲得した。

予選Q3の1回目のアタックでスピンを喫してタイムを記録できず、2回目のアタックで結果を出さなければならない一発勝負のプレッシャーのなかで、シャルル・ルクレールは1分18秒750 をマークして、今シーズン4回目、通算13回目のポールポジションを獲得した。

「僕たちは昨日から本当に状況を好転させたし、チームは素晴らしい仕事をしてくれた」とシャルル・ルクレールはコメント。

「今週末の最初の2回のプラクティスセッションでは、特にタイヤで多くの苦労をした。すべてのデータを分析し、昨夜、車に大幅な変更を加えた。今朝、ロングランを行ったときにいくつかの改善が見られた。過去2レースでこのエリアでアドバンテージを持っていたライバルを打ち負かすのに十分であることを願っている」

「予選に関しては、トリッキーなセッションだった。Q3の最初のラップは、ターン14で少しプッシュすぎてリアを失うまでは素晴らしかったと思う。その後、1ショットだけでポールに持ち帰りることができた。ラップとパフォーマンス全般にとても満足している」

シャルル・ルクレール スクーデリア・フェラーリ / スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1スペインGP