シャルル・ルクレール 「ピットストップの準備はブラフではなかった」 / F1サウジアラビアGP決勝
シャルル・ルクレールは、F1サウジアラビアGPでの1回目のピットストップが近づいたときにピットレーンにピットクールが出たのは、レッドブルにトップを走行するセルジオ・ペレスをピットインさせるためのブラフだったとの見方を否定した。

シャルル・ルクレールは、ポールポジションからスタートしてポジションをキープしていたセルジオ・ペレスにしっかりとついていき、アンダーカットの脅威となるために十分に距離を縮めることができていた。

15周目にシャルル・ルクレールに『Box to overtake』というメッセージが伝えられ、ピットレーンにはフェラーリのクルーが現れ、、フェラーリがアンダーカットを仕掛ける可能性があることを示唆した。

レッドブルは、フェラーリの動きに反応し、セルジオ・ペレスをピットに飛び込ませたが、シャルル・ルクレールはステイアウトした。

ほんの数秒後、セーフティカーの介入により、セルジオ・ペレスのピットストップは、シャルルr・ルクレール、マックス・フェルスタッペン、カルロス・サインツが16周目にピットインしたときと比べて約10秒が犠牲になった。

フェラーリの戦術が成功したように見えたことを考えると、ピットでのクルーの登場がセルジオ・ペレスをピットインさせるためのブラフであったかどうかが問題だった。
しかし、シャルル・ルクレールはレース後の記者会見でそのような提案を否定した。

「ノー、ノー。僕たちはピットインする準備ができていた」とシャルル・ルクレールは語った。

「僕たちは基本的に前のチェコ(ペレス)と反対のことをするというものだった。彼はそのラップをピットインしたので、僕たちは正しい選択をしたと思う」

セルジオ・ペレスの不運なタイミングはレースリスタート時に4位まで後退することを意味し、最終的にそのポジションでペレスはフィニッシュした。

シャルル・ルクレールとフェラーリは、レッドブルにブラフをかましたわけではなかったかもしれないが、シャルル・ルクレールはセルジオ・ペレスに脅威を与えた第1のスティントのミディアムでのペースに非常に満足していたと語った。

「チェコをフォローするのは簡単ではなかったので、ミディアムのマネジメントで素晴らしい仕事ができたと思う」とシャルル・ルクレールは説明した。

「でも、終盤で実際にミディアムでかなりペースは良かった」

シャルル・ルクレールは、マックス・フェルスタッペンとのレース後半の戦いの末、2位でフィニッシュし、チームメイトのカルロス・サインツが3位に入り、フェラーリはダブル表彰台を獲得した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1サウジアラビアGP