フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「サインツ加入によって弱点の改善を迫られた」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年にチームに加入したカルロス・サインツのパフォーマンスによって、自分の弱点を改善することを迫られたと語る。

2020年のF1のロックダウン中に発表されたカルロス・サインツのマクラーレンからフェラーリへの移籍は専門家の推測を巻き起こした。チームメイトでフェラーリF1の将来を背負って立つドライバーと期待されるシャルル・ルクレールとを組むことに苦労するというのが大方の見方だった。

しかし、カルロス・サインツは、予想に反してフェラーリF1チームにシームレスに適応し、序盤からシャルル・ルクレールと対等にレースを戦い、最終的にランキング7位で終えたルクレールを5.5ポイント上回り、ランキング5位でシーズンを終えた。

F1で2勝を挙げているシャルル・ルクレールは、カルロス・サインツから「多くのことを学んだ」とし、コース外で良好な関係を楽しんでいると語った。

「新しいチームメイトを迎えるときはいつもそうだけど、カルロスがレース週末にアプリーチする新しい方法、彼の働き方、才能、生のスピード、コーナーの走り方など、常に学ぶものことはなる」とシャルル・ルクレールは語った。

「彼は素晴らしい年を過ごした、当然ながら、彼は僕を非常に強くプッシュし、すべてのレースでより良いパフォーマンスを発揮しようとしていた。それは非常に興味深いことだった」

シャルル・ルクレールは、レース週末にガレージの彼の側でより多くの作業を必要としたカルロス・サインツの特定の強みの1つを特定した。

「カルロスの強みの1つはレースマネジメントとタイヤマネジメントだと思う。そこは2019年の僕の弱点だったかもしれない」とシャルル・ルクレールは語った。

「2020年、そして、去年も僕はドライバーとして大きく進歩した。昨年の一部はカルロスのおかげだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / カルロス・サインツJr.