シャルル・ルクレール 「タイヤ戦略のギャンブルに後悔はない」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、表彰台を逃したにもかかわらず、F1トルコGPでタイヤ戦略でギャンブルをしたことに「後悔はない」と語る。

シャルル・ルクレールは、レースの大部分で3番手を走行し、バルテリ・ボッタス(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が新品のインターに交換することためにピットインしたことで、トップを走行することになった。

ここでフェラーリは大胆なギャンブルを行い、スタートしたインターミディエイトでステイアウトして、勝利を目指そうとした。

しかし、シャルル・ルクレールのペースは終盤に劇的に落ち込み、バルテリ・ボッタスが追い抜いてリードを取り戻したことで、計画を放棄して新しいインターをピットインすることを決定した。

シャルル・ルクレールは3位でコースに復帰したが、新しいインターの最初のグレイニングフェーズで苦労し、セルジオ・ペレスに表彰台の最後のスポットを奪われ、最終的には4位でフラッグを受けた。

「当時、必要だった情報はすべて揃っていた。バルテリがピットインすると、 『新しいインターのラップタイムはどれくらい?』と無線でかなり多くのことを尋ねた」とシャルル・ルクレールは語った。

「最初の5~6周は、実際にはそのペースにほぼ一致していた。したがって、僕にとっては運任せだけではないことは明らかだった」

「僕たち全員が、その選択に非常に自信を持っていた。でも、新しいインターでの6〜7周は少し奇妙なレースだった。グレイニンフェーズのようだった。グレイニングフェーズを通過すると、再び多くのペースを見い出すことができた」

「基本的にそれがまさに起こったことだ。だから、僕サイドに後悔はない」

シャルル・ルクレールは、ノーストップ戦略を成功させたとしても、4位よりも上位でフィニッシュできたかはどうかについて疑っている。

「正直、ストップしなければ、非常に困難だっただろう」とシャルル・ルクレールは語った。

「ピットストップ前の最後の4周はリアタイヤの扱いが非常に難しかったので、実際にピットストップをした理由だ」

「リアのロックにかなり苦労をしていた、それは僕にいくつかのミスを促しました。ピットストップしてフィニッシュいた位置よりも良い結果を出せたとは思わない」

フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、この判断は、レースの早い段階でカルロス・サインツがピットインしたときにタイヤから収集した情報に基づいたものだったと語った。

「我々はカルロスでピットストップを行ったし、その瞬間に彼のタイヤにどれだけのゴムが残っているかを知っていた」とマッティア・ビノットは説明した。

「そのデータを知っていたので、少なくとも安全性という点で、レースを終えることができるはずだと信じていた」

「安全面では、すべてのコンディションが整っていることはわかっていた。パフォーマンスの問題だった。シャルルが言ったように、我々がステイアウトしたときのパフォーマンスは問題なかった。しかし、その後、路面がよりドライに変わっていき、ピットインしなければならなかった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1トルコGP