シャルル・ルクレール 「モナコの失望から気持ちを切り替えている」 / フェラーリ F1アゼルバイジャンGP 木曜記者会見
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、母国グランプリをポールポジションからスタートできなかったF1モナコGPの失望からすでに気持ちを切り替えていると語る。

シャルル・ルクレールにとってF1モナコGPは再び困難なホームレースとなった。予選ではポールポジションを獲得したが、最後の走行でクラッシュを喫してマシンに大きな損傷を負った。

フェラーリF1は、マシンを修復して決勝日にギアボックスの無事を確認したが、グリッドに向かう途中でドライブシャフトに問題が発生し、レースのスタートを切ることすらできなかった。

F1モナコGP後の調査で、フェラーリF1は、ドライブシャフト ハブの故障は予選でのシャルル・ルクレールのクラッシュが直接の原因だったことを確認している。

今週末のF1アゼルバイジャンGPに先立ち、モナコから気持ちを切り替えるのに長い時間がかかったかと質問されたシャルル・ルクレールは「それほどでもなかったよ」とコメント。

「いつもことだけど、困難なことがあったときは、できるだけ早くそれを忘れようとしている。もちろん、そこから学べることがあるのは間違いないし、そこから学んでいるけど、結局は全力を尽くしてのことだし、本当にポールを獲得したかった。Q3は行き過ぎてしまったし、残念ながら、日曜日のDNSという犠牲を招いてしまった。残念だった」

「バクーが大好きだし、楽しみにしている。ドライブするのを楽しみにしている」

F1モナコGPでは勝利を狙えるスピードを示したフェラーリF1だが、シャルル・ルクレールは、今週末のバクーでは“現実に戻る”のではないかと考えている。

「今は少し現実に戻ると思う」とシャルル・ルクレールは付け加えた。

「モナコは1回限りだったと思う。僕たちは勝利のために戦っていた。それは信じられないほどで、みんなのモチベーションにとってとても良いことだったけど、今はロングストレートがあるし、ここは全体的に少し高速だ。低速コーナーはあるけど、僕たちはモナコ以前の通常の競争力に戻ると思っている。どうなるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1アゼルバイジャンGP