シャルル・ルクレール、映画撮影でモナコをSF90ストラダーレで疾走 / フェラーリF1
フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、本来F1モナコGPが開催される予定だった5月24日(日)の明け方にクロード・ルルーシュ氏が監督する短編映画「Le Grand Rendez-vous」の撮影に参加。カメラが搭載されたフェラーリ初の量産ハイブリッドモデルである「フェラーリSF90ストラダーレ」でモンテカロ市街地コースで熱い走りを披露した。

シャルル・ルクレールは、映画のタイトルが示す謎の「ビッグ・デート」に向かう過程で最高240 km/hもの速度に達したという。

映画には短時間ながらモナコ公国のアルベール2世も特別に出演。また、フェラーリのジョン・エルカン会長、モナコ公室のアンドレア・カシラギ王子と弟のピエール・カシラギ公子、その妻であるベアトリーチェ・ボロメオ夫人も撮影現場を訪れた。

約2.5秒で100km/hに達するフェラーリSF90ストラダーレでの走行はモナコの市街地を交通規制されて撮影が行われた。フランスとモナコではロックダウンが徐々に解除されており、熱狂的なファンがバルコニーや道路脇から撮影を見守った。

フェラーリは、何よりも重要なのは、各自の責任ある行動と献身、連帯によって新型コロナウイルスの大流行を乗り越える努力が続く中で、総出力1000CVを誇るハイブリッドV8の咆哮にのせて、モータースポーツや映画、社会生活の再開に向けた最初の一歩を知らせる明るいメッセージが響きわたったことだという。

映画『Le Grand Rendez-vou』は2020年6月13日に公開される予定となっている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ