シャルル・ルクレール 「シムレースでF1ドライバー同士の友情が深まった」
フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、ロックダウン中のシムレースへの参加が、アレクサンダー・アルボンやジョージ・ラッセルといったF1ドライバーとの友情をさら深めた語る。

3人はF1が主催するバーチャルGPで3度対戦している他にもトラックや芝刈り機といった独自のオンラインイベントを開催し、ランド・ノリス、アントニオ・ジョビナッツィ、ニコラス・ラティフィと定期的にTwitchのライブ配信で交流を深めている。

シャルル・ルクレール、アレクサンダー・アルボン、ジョージ・ラッセルはF1に向かう途中で分岐する前に、2015年にF3に参戦していた。

シャルル・ルクレールとアレクサンダー・アルボンは2016年にGP3でチームメイトだった。ジョージ・ラッセルはF3に残ったが、1年後、ラッセルはGP3タイトル、ルクレールはF2でチャンピオンを獲得。アルボンもF2に参戦した。

シャルル・ルクレールは2018年にF1デビューを果たし、アレクサンダー・アルボンはF2でタイトルを獲得したジョージ・ラッセルとバトルを繰り広げた。そして、ラッセルとアルボンは、2019年にランド・ノリスとアントニオ・ジョビナッツィとともにF1にステップアップ。さらにニコラス・ラティフィが今年のチャンピオンシップでデビューする。

「シムレースは確かに現実と同じものではなし、現実とまったく同じものになることは決してないだろうけど、今のところ、このような状況では僕たちが得ることができる最も近いものだ」とシャルル・ルクレールは語る。

「僕たちみんなが楽しんでいる。この状況は、ジョージ、僕、そしてアレックスにも影響を与えたと思う。長年にわたって異なるカテゴリーで走っていたことで、お互いに会話するという点では少し連絡が途絶えていたかもしれない」

「このような状況でお互いを再発見するのは素晴らしいことだし、一緒に楽しんで、好きなことをやっているのは素晴らしいことだ」

インテルラゴスを舞台に開催された前回のバーチャルGPでは、アレクサンダー・アルボンがシャルル・ルクレールを抑えて初勝利を挙げた。二人のバトルは、昨年のF1オーストリアGPでマックス・フェルスタッペンがルクレールを相手に演じた攻防に例えられている。

「オーストリアよりも接触が少なく、追い越しもあった。より適切な楽しみだったね!」とシャルル・ルクレールは語る。

「彼は僕がペナルティを受けることを知っていたけど、楽しむことが重要だと言っていた。僕はアレックスを追い越し続けた。ジョージが追い上げてきて、おそらく2位になるとわかっていても、彼に行かせたくはなかった。dめお、僕はこのレースを本当に楽しんだし、本格的だった。素晴らしい時間を過ごした」

シャルル・ルクレール、アレクサンダー・アルボン、ジョージ・ラッセルは、新型コロナウイルスとの戦いのための資金調達を支援するためのよりシムレースイベントを開催し、ストリーミングレースを通じて数万ドルを集めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ