シャルル・ルクレール 「ブラジルはセナの遺産を思い出せてくれる場所」
フェラーリのシャルル・ルクレールが、F1ブラジルGPへの意気込みを語った。

「ブラジルの人たちは僕たちのスポーツに非常に情熱を注いでいるだけでなく、僕が最も憧れているドライバーであるアイルトン・セナのホームでもある。彼は非常に才能があり、とにかく特別なドライバーだった。このグランプリはいつも彼の遺産を僕たちに思い出させてくれる」とシャルル・ルクレールはコメント。

「このサーキットをドライブするのは本当にエキサイティングだ。短いラップだけど、多くの様々なコーナーがストレートと組み合わされている。レイアウトは現在の形状になるまでに過去数十年でかなり変化してきたと思う。若い頃、プレイステーションでいつも選択していたし、いつもそれをとても好んでいたね!」

「サンパウロの天候は変化する可能性がある。つまり、トラックのコンディヨンが日々変化して、すべてのチームに予想外の課題をもたらし、事態を混乱させる可能性がある」

関連:2019年 F1ブラジルGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1ブラジルGP