シャルル・ルクレール 「チームと一緒に最適な判断を下せるようにしたい」 / フェラーリ F1メキシコGP 決勝
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1メキシコGPの決勝レースを4位でフィニッシュ。チーム戦略に自分から意見する必要があるとの見解を述べた。

ポールポジションからスタートしたシャルル・ルクレールは、序盤にレースをリード。しかし、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)をカバーするために早めにピットインしてミディアムタイヤに交換して2ストップ戦略が確定。

トップ3は1ストップ戦略でフィニッシュしており、ルクレールが1回目のピットストップでハードを選択しなかったことには疑問も残る。おそらく、最初に決めた戦略をチームがフレキシブルに変更できなかったと思われる。

そのためか、シャルル・ルクレールはチーム任せではなく、自分の判断でレースをする必要があることを示唆した。

「ポールポジションからスタートしたのに1位でフィニッシュできないレースはいつだってがっかりする。レース序盤はうまくいったし、最初のスティントでトップにとどまることができた。アレックス(アルボン)をカバーしようとして早めにピットインして、2ストップ戦略が確定した」

「最初のピットインの後でレースはとてもトリッキーになった。第2スティントは難しく、先行マシンに近づくたびにオーバーヒートに苦しんだし、オーバーテイクができなかった」

「最終的に残念な結果だけど、今日のレースから得るものがあるとすると、マシンに乗っている僕からもっとチームにフィードバックして、一緒に最適な判断ができるようにすることだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1メキシコGP