シャルル・ルクレール 「日本GPとジュールの事故は切り離せない」 / フェラーリ F1日本GP プレビュー
フェラーリのシャルル・ルクレールが、鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GPへの意気込みを語った。

「日本は僕たちにとってレースをするための非常にスペシャルな場所だ。特に地元のファンによってね。彼らはとても情熱的で、いつも多くのサポートを示してくれる。それあがあそこでの経験を非常にユニークなものにしてくれている」とシャルル・ルクレールはコメント。

「去年はジュール(ビアンキ)の事故以来、初めての鈴鹿だったので、僕にとって難しい週末だった。もちろん、それは今後もこのグランプリと切り離すことができない非常に悲しい思い出だ」

「トラック自体は非常にテクニカルで厳しい。レイアウトという点では走るのに最高のトラックのひとつだ。様々なコーナーのコンビネーションとヘアピンがミックスされた高速ストレートが特徴だし、そのすべてが鈴鹿を象徴的なサーキットにいている。僕たちがレースをしてきた過去数戦のトラックとは異なるキャラクターだし、現在の僕たちの開発、特に空力がどのように機能するか見てみるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1日本GP