F1 シャルル・ルクレール ハンガリーGP
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1ハンガリーGPの予選Q1でのクラッシュを猛省。フェラーリに謝罪し、“完全に不必要”なことだったと自分を責めた。

先週のF1ドイツGPでクラッシュリタイアを喫したシャルル・ルクレールだが、F1ハンガリーGPの予選Q1では最終コーナーでスピン。後ろ向きにウオールにクラッシュして、リアウイングを破損させた。

フェラーリは、なんとかQ2開始までにマシンを修理し、最終的にシャルル・ルクレールはチームメイトのセバスチャン・ベッテルを上回り、4番グリッドを獲得したが、自分のミスを責めた。

「予選を続けられたのはとてもラッキーだった」とシャルル・ルクレールはコメント。

「チームの仕事に心から感謝しなければならない。予選のあの時点でのミスは完全に不必要なものだった」

「2度のグランプリで2度もミスをしてしまった。最初のものも許されないものだったけど、今回のは絶対に許されるものではない。もしウオールから動けなくなっていたら、もっと悪いことになっていた」

「僕はこのようなミスから学ばなければならない。2度目のミスを予選中の不必要な時に犯してしまった。しっかり理解し、繰り返さないように取り組まなければならない」

「その一方で、Q3はとてもポジティブだった。もちろん、0.5秒も差があるのは僕たち望んでいた結果ではないけど、全体的な自分のラップには満足している」

シャルル・ルクレールは、ポールポジション獲得が有力だったF1アゼルバイジャンGPの予選でもクラッシュを喫している。

そのインシデントが頭の片隅にあったのかと質問されたシャルル・ルクレールは「あの時と今は少し違う。明らかにバクーは攻めすぎていた」とコメント。

「でも、今回のはセバスチャンが前でラップをスタートしていて、ほんの少しダウンフォースを失うことを分かっていたはずなのに、ちょっと驚いてしまった。完全に僕の責任だ。対策に取り組んでいく」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: シャルル・ルクレール | フェラーリ | F1ハンガリーGP