F1 シャルル・ルクレール
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1オーストリアGPでのマックス・フェルスタッペンとの一件でホイール・トゥ・ホイールのバトルがどこまで許されるかを知ったことで、コース上でもっと積極的に戦うつもりだと語る。

2週間前のF1オーストリアGPでは、シャルル・ルクレールは残り3周までトップを走行していたが、レース後の審議となったマックス・フェルスタッペンとのバトルで初優勝のチャンスを逃した。

マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールはバトルのなかで軽く接触。ルクレールはコース外に押し出されるカタチとなったが、スチュワードはレーシングインシデントとして処理し、フェルスタッペンの優勝が確定している。

シャルル・ルクレールは、裁定が下された当初は気分が悪かったが、今週末のイギリスGPに先立って、スチュワードが一貫性のある裁定を下してくれる限りは先に進められることを嬉しく思うと語った。

「問題はないし、先に進むのはとても簡単なことだった。唯一のことは、もう少し一貫性を保ってほしいということだ」とシャルル・ルクレールはコメント。

「過去にいくつかのインシデントがあったけど、ある意味でそれほど大きなものではなくても、ペナルティを科せられていたような気がする。僕たちががあのように競争できるのであれば、僕はそういったレースができることを嬉しく思う。それはF1にとって良いことだと思う。僕たちドライバーが望んでいることだと思う」

「とにかく僕たちは他人に何が期待できるのかを知る必要がある。その上でペナルティについてもっと一貫性を保ってもらいたい」

「その時点ではもちろんフラストレーションを感じていた。でも、振り返ってみれば、このようにレースができることを嬉しく思う。それが一貫していることを望む。一貫しているのならば、そのようなレースができることをとても嬉しく思う」

裁定の結果を受けて、自分のアプローチを変えるかつもりかと質問されたシャルル・ルクレールは「ドライバーとして、僕は常にルールで定められたギリギリのことをやろうとしている」とコメント。

「少し変更するのは間違いないし、自分の攻撃性を少し調整するつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ