F1 シャルル・ルクレール フェラーリ
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1スペインGPの予選で膨らんでしまった際に自分のマシンが負った損傷の度合いに驚いたと述べた。

シャルル・ルクレールは、予選Q2で高速のカンプサで縁石を乗り越えた際にマシンから破片が飛び散った。フェラーリは予選中に何度も修復を試みた。

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに次ぐ5番手で予選を終えたシャルル・ルクレールは、事故の後、マシンは適切な状態ではなかったと語った。

「どうやれば縁石であんなにクルマの多くを失ってしまうのかあまり理解できていない」とシャルル・ルクレールはコメント。

「そうなるとは思っていなかった。少しアンダーステアだったけど、大丈夫だろうと思って全開のままでいった。残念ながら、かなり多くのものが破損してしまった」

「僕は少し速くて、クルマが少し低かったんだと思う。バージボードのひとつが壊れたし、もうひとつもダメージを負ったと思う」

「私の大きなエラーではなかったと思う。今回はとにかく不運だった。大きな影響を及ぼした」

「特にバージボードの半分を失った後はアンダーステアがかなり酷かった。僕たちは修復を試みたけど、どういうわけか以前のような感触は得られなかった。調査する必要がある」

だが、シャルル・ルクレールは、マシンの問題がなかったとしてもフェラーリがポールポジションを争えなかったと感じている。

「今日の僕たちはメルセデスより遅かった。それだけだ」とシャルル・ルクレールはコメント。

「メルセデスは金曜日もFP3を週末を通してかなり速かった。正直、僕たちももう少し引き出せると感じていたけどね」

「とにかく彼らはかなり速いし、我々は彼らを捕まえるために努力する必要がある」

関連:F1スペインGP 予選 | バルテリ・ボッタスが3戦連続となるPP獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: シャルル・ルクレール | フェラーリ | F1スペインGP