F1 スペインGP
2019年のF1世界選手権 第5戦 スペインGPの予選が5月11日(土)にバルセロナのカタルニア・サーキットで行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が3戦連続となるポールポジション(PP)を獲得。2番手にもルイス・ハミルトンが続き、メルセデスが今季4度目となるフロントローを独占した。

ホンダ勢は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが4番手、ピエール・ガスリーが6番手。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが9番手、アレクサンダー・アルボンが12番手で予選を終えた。

舞台となるカタロニア・サーキットは、さまざまな種類のコーナーがあるだけでなく、全開時の能力も必要で、マシンのあらゆる性能が試される。また、非常に抜きにくいサーキットとなっており、予選ポジションが決勝に大きな役割を果たすことになる。

今週末はメルセデスが初日から他を圧倒する速さを見せており、その傾向は予選になっても変わることはなかった。

ポールポジションを獲得したのはメルセデスのバルテリ・ボッタス。予選のすべてのセグメントでトップタイムをマークし、昨年ルイス・ハミルトンが記録したコースレコード(1分16秒173)を0.767秒更新する1分15秒406を記録。通算9回目、第3戦中国GPから3戦連続となるポールポジションを獲得した。

2番手にチームメイトのルイス・ハミルトンが続き、メルセデスが今季4度目のフロントローを独占。しかし、得意とするバルセロナでバルテリ・ボッタスからは0.634秒という大差をつけられることになった。

3番手にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、4番手にはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ))が進出し、フェラーリ勢に割って入った。

3列目にはシャルル・ルクレール(フェラーリ)とピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)が並ぶ。

“ベスト・オブ・ザ・レスト”には7番手にロマン・グロージャン、8番手にケビン・マグヌッセンとハースF1チームの2台が続いた。

トロロッソ・ホンダは、ダニール・クビアトが2戦連続でQ3進出を果たして9番手、アレクサンダー・アルボンはQ2で敗退して12番グリッドから決勝をスタートする。

F1スペインGPの決勝は5月12日(日)の22時10分(現地時間 15時10分)から行われる。

2019年 第5戦 F1スペインGP 予選 結果/タイム

順位NoドライバーチームQ1Q2周回
177バルテリ・ボッタスメルセデス1分16秒9791分15秒9241分15秒406
244ルイス・ハミルトンメルセデス1分17秒2921分16秒0381分16秒040
35セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分17秒4251分16秒6671分16秒272
433マックス・フェルスタッペンレッドブル1分17秒2441分16秒7261分16秒357
516シャルル・ルクレールフェラーリ1分17秒3881分17秒7141分16秒588
610ピエール・ガスリーレッドブル1分17秒8621分16秒9321分16秒708
78ロマン・グロージャンハース1分18秒0421分17秒0661分16秒911
820ケビン・マグヌッセンハース1分17秒6691分17秒2721分16秒922
926ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1分17秒9141分17秒2431分17秒573
103ダニエル・リカルドルノー1分18秒3851分17秒2991分18秒106
114ランド・ノリスマクラーレン1分17秒6111分17秒338 
1223アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ1分17秒7961分17秒445 
1355カルロス・サインツマクラーレン1分17秒7901分17秒599 
147キミ・ライコネンアルファロメオ1分18秒1321分17秒788 
1511セルジオ・ペレスレーシングポイント1分18秒2861分17秒886 
1627ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分18秒404  
1718ランス・ストロールレーシングポイント1分18秒471  
1899アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1分18秒664  
1963ジョージ・ラッセルウィリアムズ1分19秒072  
2088ロバート・クビサウィリアムズ1分20秒254  


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1スペインGP