カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、バーレーンGPのフリープラクティスの全てのセッションでの走行を逃した。

ヒスパニア・レーシングのメカニックは徹夜で作業を続けたが、土曜日のフリー走行でもチャンドックのマシンがガレージから出ていくことはなかった。

FIAのスポーティングレギュレーションでは「ドライバーは、少なくとも1つのプラクティスセッションに参加しなければ、レースをスタートできない」と記されている。

しかし、カルン・チャンドックはなんとか予選での出走を果たした。

「午前中はすべてがOKのようだったけど、再びハイドロリックシステムに問題が生じてしまった」とチャンドックはBBCにコメント。

「かなりイライラさせられるよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルン・チャンドック | HRT