カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、F1関係者にインドでの注意点をアドバイスしている。

一部のチーム代表は「デリー腹」への懸念を否定しているが、チーム・ロータスのリザーブドライバーでブッダ・インターナショナル・サーキットのブランド大使兼コンサルタントを務めるカルン・チャンドックは、いくつか注意が必要な点があることを認めた。

「インドの文化は多くの人々にショックを与えるだろうね」とカルン・チャンドックは Blick にコメント。

「組織化されたカオスと言えるし、ブラジルとマレーシアを混ぜたようなものかもしれない。それは交通、食べ物、生活様式のすべてに影響している。僕たちはとても騒がしいし、混沌としているので、到着した瞬間からそのような狂乱を経験するだろう。みんなが驚くと思うけど、それはインドが魂を持った国だということでもある」

「はっきりしたものは何もない。誰かが12時30分と言ったとしても、それは1時か2時のことだ。だからイタリアみたいなものだよ!」

同紙のベテラン特派員ロジェ・ブノワは、F1関係者はこの冒険にどのような準備をすればよいのかとカルン・チャンドックに質問した。

「多くの人が予防接種を受けるだろうけど、確かに食べ物には間違いなく注意する必要があるね」とカルン・チャンドックは回答。

「ボトルの水しか飲んじゃ駄目だし、氷を使ってはいけない。サラダを食べてはいけない。調理された食べ物だけを食べること。そうすれば問題ないだろう」

レッドブル:ブッダ・インターナショナル・サーキットでF1初走行



関連:
F1チーム、インドGPでの“デリー腹”を懸念
F1-Gate.com YouTubeチャンネル

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルン・チャンドック / F1インドGP