ケータハム
ケータハムの資産がチームの管財人によって売りに出され、2015年のF1グリッド復帰というわずかな望みが絶たれることになりそうだ。

管財人のスミス&ウィリアムソン(Smith & Williamson)が、ケータハムの2014年マシンを含む重要機材をオークションに出した。

オークションは、メルボルンの開幕戦の4日前となる3月11日(水)に開始される。

オークションは、Wyles Hardy & Coが主催する。ピットレーンの機材、レースシミュレーター、ホスピタリティ用のトレーラーなどがサイトのリストに並んでいる。

オークションが予定されているからといって、必ずしも復活が不可能になったということではない。マルシャも一度は資産売却のオークションをキャンセルしている。

ケータハムは昨年10月に破産を申し立て、アメリカとブラジルのレースを欠席した。しかし、クラウドファンディングでファンから資金を集め、最終戦のアブダビGP復帰を果たした。

このような手法は買い手を引きつけるための最善の方法と考えられたが、そうではなかったようだ。管財人のフィンバー・オコンネルは先月にも救済に自信を示したばかりだった。

ケータハムの元ライバルだったマルシャは、破産の危機を乗り越え、2015年のF1参戦に向けて管財人の手を離れることを発表している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム