カルロス・サインツ、フェルスタッペンと接触も「行く必要があった」 / F1ブラジルGP スプリント
フェラーリF1のカルロス・サインツは、F1ブラジルGPのスプリントで2位のためにマックス・フェルスタッペン(レッドブル)を抜いたときは「限界に達していた」が、そこで行く必要があったと考えている。

マックス・フェルスタッペンがミディアムタイヤのパフォーマンスに苦しんでいたことで、カルロス・サインツは19周目にSenna Essesのブレーキングで追い抜くチャンスを掴んだ。

しかし、カルロス・サインツが最初の左コーナーでマックス・フェルスタッペンを追い越したとき、右リアタイヤがフェルスタッペンのフロントウイングに接触した。これによりフェルスタッペンのエンドプレートが損傷し、すぐに後ろに飛んでいった。

カルロス・サインツはフェルスタッペンと衝突するつもりはなかったが、レッドブルの直線速度のアドバンテージを考えれば、追い越す唯一のチャンスはレイトブレーキングしかないことは分かっていたと語った。

「確かに限界だった」とカルロス・サインツは語った。

「彼らはパスするのはとても難しいので、彼をパスするためにターン1でタイトに走らなければならなかった」

「レッドブルは、ブレーキングでアグレッシブに行くか、彼らを追い越さないかのどちらかだ。彼らはストレートで非常に速いので、ブレーキングで狙う必要があるからだ」

「少し接触があったのは申し訳ないけど、それはレースであり、成功させたい場合、行かなければならない場合がある」

マックス・フェルスタッペンを追い抜いた後、カルロス・サインツは後方から急速にチャージしてくるルイス・ハミルトンに対して息抜きをすることができた。

「通常、僕たちはメルセデスよりも少しドラッグがあるし、彼らがかなり激しくプッシュしているのを見えた」とカルロス・サインツは語った。

「でも、スタートと最初の数周でマックスとジョージとの戦いに入ることができて、なんとかすべてのポジションを得ることができた。明日は当然ペナルティを受けるので、アグレッシブにならなければならなかったし、今日は2番手が最大だったと思う」

「レースには満足している。ペースに満足している。メルセデスは最近ペースを上げているように見えるだけで、レースでは非常に速い」

ルイス・ハミルトンは、ファイナルラップでカルロス・サインツに追いつくことができなかったが、ハミルトンは3位でフィニッシュできたことを喜んでいると語った。

「ここにいることができて本当に幸せだ」とルイス・ハミルトンは語った。

「信じられない一週間だった。昨日は大変な一日だったけど、今日はすごい観客が入っているね」

「これは驚くべき結果だ。明日フロントローに並ぶことができるのは信じられないこと。そこからはチームとして機能し、後ろの人たちを引き離すことができることを願っている」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1ブラジルGP