カルロス・サインツ 「思っていたよりもレッドブルに接近している」 / フェラーリ F1イタリアGP 金曜フリー走行
カルロス・サインツJr.は、F1イタリアGPの金曜日の両方のプラクティスでスクーデリア・フェラーリがタイムシートのトップに立つ力強い週末のスタートを切ったことに驚いていると語る。

チームメイトのシャルル・ルクレールがFP1でリードした後、カルロス・サインツJr.はFP2でレッドブルのマックス・フェルスタッペンを上回り、イベント前の予想に反して、フェラーリがタイムシートのトップに躍り出た。

カルロス・サインツJr.とマックス・フェルスタッペンは、日曜日にエンジンとギアボックスコンポーネントの交換によりグリッド ペナルティを受けることになるが、サインツは、トラックアクションの最初の2時間でフェラーリが示した生のペースから多くの楽観的な見方を引き出した。

「もちろん、僕たちがかなり苦戦した前回のローダウンフォーストラックであるスパ・フランコルシャンの後で、ここではあまり競争力がないと予想していたので、ポジティブだった」とカルロス・サインツJr.は語った。

「FP1以降、車はスパよりもはるかに良いウィンドウ、より良いポジションにいると感じたと言わざるを得ない」

「ラップタイムは簡単に出ていたし、ストップウォッチは嘘をつかない。そして、僕たちはどんどんペースを上げていったし、うれしいサプライズだった」

「僕たちが最速でだという意味ではない。特にロングランでは、僕たちが最速だとは決して思っていない。 しかし、少なくとも僕たちが思っていたよりも接近している」

カルロス・サインツJr. スクーデリア・フェラーリ F1 イタリアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1イタリアGP