フェラーリF1のカルロス・サインツJr. 「ルクレールの運転をコピーしようとしている」
カルロス・サインツJr.は、スクーデリア・フェラーリの2022年F1マシンであるF1-75を「自然に運転できていない」と認める。

スクーデリア・フェラーリがタイトルを獲得するために総力を注いだ新世代F1マシンのF1-75は、シャルル・ルクレールにとってはポールポジションと勝利を狙えるマシンだが、カルロス・サインツは獲得している。

F1スペインGPの予選後、カルロス・サインツJr.は「この車ではリアが非常に軽いのでまだ少し苦労しているし、思い通りのドライビングができていない」と語っていた。

元F1ドライバーのクリスチャン・アルバースは、カルロス・サインツがバルセロナで「理性を失っていたと語る。

「彼は今の自分に満足していない。彼をカメラで見ると、数年前のサインツは見えない」

カルロス・サインツJr.は、今週末のモナコでその状況が変わるかどうか確信を持てていない。

「僕はいつもそこで速いと感じている」とカルロス・サインツJr.は El Mundo Deportivoに語った。

「でも、車への自信と好みのバランスが必要だ。そこに着いて、車がどのように振る舞うかを見るまで、何が起こるかは言えない」

フェラーリF1-75の何が問題なのかと質問されたカルロス・サインツJr.は「自然に運転できていない」と説明した。

「簡単ではない。皆さんもオンボード映像を見て、僕がこの車を運転するのに苦労していることがわかると思うし、最大限に活用する方法を理解している」

「僕サイドでは、不運とミスが組み合わさっていて、それは助けにはなっていないけど、将来は突然または少しずつ変わると思う。でも、頑張っていく必要がある」

「それだけだ。仕方ないことだ。適応することができるし、自分好みにもう少し車を適応させることができる。これらのことには時間と知識と経験が必要であり、ミスを犯し、試行錯誤を繰り返す必要がある」
「それは僕が今行っているプロセスであり、できるだけ早く修正しようとしている」

また、カルロス・サインツJr.は、自分が苦労している一方で、チームメイトのシャルル・ルクレールが最高の状態にあることを認める。

「彼は非常に高いレベルで運転している」とカルロス・サインツJr.は語る。

「彼は素晴らしい時間を過ごしており、非常に印象的で、彼のドライビングスタイルにおいて積極的であり続けている」

「僕はそれを賞賛することしかできないし、ある面はコピーして、他の面ではもっと速くするためにもう少し自分の方向に向けようとしている。それだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / シャルル・ルクレール