「サインツがフェラーリの“ナンバー2”なのは明白」とレッドブルF1首脳
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、カルロス・サインツがスクーデリア・フェラーリの“ナンバー2”ドライバーであることは「明白」だと語る。

近年、F1チームはすべてのドライバーを平等に扱っているという厳格な方針打ち出しているが、ヘルムート・マルコは、実際にレッドブル・レーシングでは事実上の“ナンバー1”であるマックス・フェルスタッペンをセルジオ・ペレスが支えていることを認めた。

そして、フェラーリではチャンピオンシップリーダーのシャルル・ルクレールが同等のステータスを得ており、カルロス・サインツがナンバー2であることは“明白”であると考えている。

「昨年、サインツはルクレールを破ったが、今年はルクレールは素晴らしい状態にある」とヘルムート・マルコはServusTVに語った。

「つまり、サインツはサポートを期待できないということだ。彼らの状況は我々と同じで明らかなナンバー1ドライバーが存在している」

ヘルムート・マルコは、カルロス・サインツや他のセカンドドライバーがチームリーダーからポイントを奪った場合、それはレッドブル・レーシングのようなライバルチームの助けになるすぎないと語る。

「我々は良いポジションにいると思う」とヘルムート・マルコは付け加えた。

「だが、フェラーリにはほぼ同等の対戦相手がいる」

「今シーズン、ルクレールは完璧にドライブしているので、エキサイティングな年になるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / レッドブル