フェラーリF1のカルロス・サインツ 「風洞で見た2022年F1マシンは過去とは一線を画す」
カルロス・サインツは、風洞で見た2022年F1マシンは過去のものとは“非常に異なる”デザインであり、ティフォシにそれをお披露目するのが待ち切れないと語る。

F1チームは、今年の新しいレギュレーションの導入に伴い、まったく新しいF1マシンをゼロから作り上げた。新しい技術規則はグラウンドエフェクト効果をベースとした新しい哲学が中心となっている。

今週フィオラノで行われたフェラーリF1のウォーミングアップセッションの後、カルロス・サインツは2022年F1マシンに何かを明かすことはなかったが、良いティザーを提供した。

「たくさんのパワーポイントのプレゼンテーションや風洞でマシンを見ている」とカルロス・サインツはコメントした。

「2022年のマシンは、たとえば、F1で過去数年間に見たものとは大きく異なる」

「それをティフォシに見せることも待ちきれません。秘密を持っているような気分だし、できるだけ早く秘密を伝えたい。待っててね」

「そう長くはかからない。特にティフォシのみんなにマシンを見せることに熱心だけど、できるだけ早くそれを運転することにも熱心だ」

シャルル・ルクレールは、フェラーリF1の2022年マシンがどのように機能するかを発見するのを待ちきれず、バルセロナでのプレシーズンテストの開始までの日数を指折り数えていると語る。

「2022年は非常に重要な年になるだろう」とシャルル・ルクレールは語った。

「まったく新しいマシンになるので、今年はとても特別な年だ」

「このマシンを試す最初の冬季テストのためにバルセロナに行くのを本当に楽しみにしている。そして、このポイントに到達するために過去1年間に行ったすべての作業によって、望んでいる通りの競争力があることを願っている」

カルロス・サインツは、フェラーリF1の2018年マシンでフィオラノで走行したことは、レースチームがウォーミングアップする機会を提供した一方で、良い運動でもあったと語った。

「常に便利ですが、2018年のF1カーに戻るのも楽しい」とカルロス・サインツは語った。

「アスリートとして、またはF1ドライバーとして、体に最初のショックを受けるので、それは便利な組み合わせだ。『おっと、僕はF1ドライバーだった、このビーストを運転する必要があるんだ!』という感じだ」

「首、腰、臀筋などに鞭を打って、体がF1ドライバーの体であり、それがタフであることを思い出させる必要がある」

「それに、マインドとしても、僕たちが進めるスピードに戻らないければならない。エンジニアと話をし、このマシンのセットアップを少し開発し、自分好みに合わせて仕上げようという点でもね。そのループに戻るのはいつも楽しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1マシン