F1:クラッシュ時のカルロス・サインツのシートベルトの“伸び”を分析
FIA(国際自動車連盟)は、F1イタリアGPでカルロス・サインツがクラッシュした際、コックピット前方に投げ出されることになったシートベルトの“伸び”を分析している。

カルロス・サインツは、土曜日の2回目のプラクティス中にアスカリシケインでスピンしてウオールにクラッシュ。かなり大きな衝撃を受けた。

事故のオンボードカメラでは、カルロス・サインツの身体がステアリングに向かって前方に投げ出されており、衝撃がどれほど大きなものだったかを物語っていた。

現在、フェラーリは、事故とその余波の全体像を把握するために、必須のFIA高速コックピットカメラやその他のテレメトリデータを使用して独自の調査を行っています。

カルロス・サインツのヘルメットがステアリングに接触したかどうかは現時点では不明だが、フェラーリとFIAが行った分析から明らかになるはずだ。

クラッシュでカルロス・サインツが前方に投げ出されたのは非常に珍しいことであり、オブザーバーからいくつかの警告を引き起こした。

しかし、FIAは、シートベルトが完全に硬直するよりも人体にとっては安全であるため、少し衝撃を与えるのはシートベルトとしては正常であると述べている。

F1レースディレクターのマイケル・マシは「ベルトは伸びるように作られていると思っている」と説明。

「そこには人体があるので、いくらかの弾力性がなければならない。物事に少しの弾力性がなければならなず、ただ誰かを完全に縛り続けることはできない」

「それで、我々は他の重大な事件や似たような事件でのベルトの伸びを見て、それから何を学ぶことができるかを見ていく。それを改善することはできるか? 見てみよう」

カルロス・サインツの場合、ベルトの要素が伸びすぎているのではないかと質問されたマイケル・マシは、「その可能性はある。それから学んでみよう」と述べた。

カルロス・サインツのHANSがクラッシュで緩んだと示唆する人もいたが、サインツ自身はそうではなかったことを明らかにしている。事件後の写真にも、彼のHANSストラップが所定の位置にあることが示されていた。

HANSのストラップが切れたのではないかと質問されたカルロス・サインツは「いいや、それ違う」とコメント。

「衝撃が大きすぎて頭が大きく前に出て、ベルトを少し伸びたけど、HANSは問題なかった」

FIAは、F1の週末ごとに事故を調査することがさらなる安全性の向上を推進する上で不可欠なプロセスであると述べている。

マイケル・マシは「私は常に、すべての安全機能と、これまでの安全性の向上に勇気づけられている」と語る。

「FP2でのカルロスの事件を見てほしい。それほど多くは見えなかったが、かなり深刻な衝撃だった」

「ヘイローであれ、機器であれ、マシンのデザインであれ、すべてに関して、全体として安全性を向上させるという絶え間ない進化が常にある」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ