F1:ジャン・アレジ 「カルロス・サインツはアラン・プロストを思い出させる」
元フェラーリのF1ドライバーであるジャン・アレジは、カルロス・サインツのスクーデリア・フェラーリでのキャリアに興奮していおり、サインツとアラン・プロストを重ね合わせている。

2019年と2020年にマクラーレンで2年連続でドライバーズ選手権を6位で終えたカルロス・サインツは、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルに代わって、2021年にフェラーリF1に移籍した。

フェラーリF1は、カルロス・サインツとシャルル・ルクレールという若いペアで未来を見据えており、ジャン・アレジはカルロス・サインツはフェラーリにとって賢明な選択だと考えている。

ジャン・アレジは、カルロス・サインツを4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストと比較。サインツはプロストと同じように決勝でチャンスを利用する方法を知っているドライバーだと語った。

「若すぎるということはない。シャルル・ルクレールとカルロス・サインツのことを考えると、(アドリアーノ)チェレンターノの曲『We are the most beautiful couple in the world』が思い浮かぶ」とジャン・アレジは La Gazzetta dello Sport に語った。

「私はシャルルに夢中だし、カルロスにも夢中だ。彼は何年にもわたって大きく成長し、正しい方法でそれを成し遂げてきた。彼は多くの段階を経てきたが、不平を言うことはなく、大騒ぎしたこともない。彼がこのまま続け、フェラーリのために良い仕事をし、彼自身のために良い仕事をするだろうと確信している」

「彼の主な特徴は、可能な限り最善の方法で自分の仕事を完成させる方法を知っていることだ。彼は成長を視野に入れて週末を構成し、すべてを段階的に行う人だ」

「彼が土曜日の予選で5番目に速いタイムを設定した場合、日曜日に彼が表彰台に立つことを期待せずにはいられない。この意味で、彼はマシンに関係なく、次のことようなことをしたアラン・プロストをかなり思い出させる。金曜日と土曜日には彼にあまり気付かないかもしないが、彼はレースが提供する機会を利用する方法を知っていた。そして、彼は結果を最適化した。サインツはそのようなファイナライザーだ。たくさん考えるはっきりした男だ」

「そして、それらの資質で、彼はルクレールのベンチマークと刺激になるだろう」

「カルロスがシャルルに煩わしさを与えるという観点ではあまり見ていない。殻らは二人ともフェラーリで再建の観点で考える必要がある。ルクレールにはすでに非常に強力なチームメイトがいたし、彼はプレッシャーと内部競争への対処方法を知っている」

「そこにファーストドライバーとセカンドドライバーは存在しないと思う。しかし、ルクレールにとって、昨年と比べて何かが変わるのは事実だ。彼はもはや若いという事実によって正当化することを考えることがでない。それはもう終わった」

「一方、彼には、ミスをほとんど犯さないサインツのようなチームメイトがいる。実際、彼は事実上ミスを犯していない」

フェラーリF1は、2020年のコンストラクターズ選手権で6位に沈み、40年間で最悪の結果でシーズンを終えた。

ジャン・アレジは、2021年F1マシン『SF21』、そして、アップデートされたF1エンジンについてフェラーリ陣営から前向きな言葉を聞いているが、マクラーレンやアストンマーティンなどとの激しい競争に直面することを予想していると語った。

「バランスの取れたチャンピオンシップになると思う。メルセデスには解決すべき問題があるかもしれないが、彼らは常にそれを行う方法を知っていることを毎回示してきた」とジャン・アレジは説明する。

「ルイス・ハミルトンは、レッドブルが問題なかったとしても、再び勝つためのすべてを持っている。そして、今年、マックス・フェルスタッペンは彼が競争するマシンを持っていると初めて感じるだろう」

「その背後では、メルセデスのF1エンジンを搭載するマクラーレンが強力になり、アストンマーティンは少なくとも昨年と同じように活躍するだろう。そして、フェラーリがそこにいる」

「テストは彼らが改善したことを示唆している。エンジンはより多くの馬力を持っている。タイムは、私が聞いたいくつかの楽観的な声、特にアルファロメオのタイムほど多くを示していないだね。マクラーレンとアストンマーティンに対しては簡単なことではないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ