F1:カルロス・サインツ、セルジオ・ペレスの放出劇に憤り
マクラーレンF1のカルロス・サインツは、セルジオ・ペレスがレーシング・ポイントF1を追い出されたことに憤りを感じており、F1は才能だけでは不十分であることを示していると述べた。

セルジオ・ペレスは、F1トスカーナGP前に今シーズン限りでレーシング・ポイントF1は離れることを発表。4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルに自信のシートを明け渡す。

カルロス・サインツは、この放出劇に非常に失望していると語る。

「チェコ(ペレス)の離脱はF1が才能だけで決定されるわけではないことを示している」とカルロス・サインツは Marca にコメント。

「パフォーマンスだけで判断すれば、彼がレーシング・ポイントを去る理由はない」

「F1では、ドライバーとしての才能や能力以上のものがある。今回のケーでそれが明確に示された。セルジオは優れたドライバーであるだけでなく、ハードワーカーでもある。彼はチームにも本当に多くのことを与えた。倒産から救わった」

「彼らは今シーズンやっと速いクルマを手に入れたのに、彼は突然離れなければならなくなった。彼とは仲が良いし、ドライバーとしても尊敬しているので腹立たしいことだ」

しかし、カルロス・サインツは、レースだけでなく、多くの政治が関わるのがF1であることも認識している

「このような瞬間は、スポーツが実際にどのようなものであるかを思い出させる」とカルロス・サインツは語る。

「プロの意思決定が行われ、それらを受け入れる必要がある。それが現状であり、チェコが2021年のグリッドで引き続き良い場所を見つけることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / セルジオ・ペレス / レーシングポイント / アストンマーティン