カルロス・サインツ、箝口令を破る「故障したのはルノーのエンジン」 / マクラーレン F1ベルギーGP 決勝
マクラーレンのカルロス・サインツは、F1ベルギーGPの決勝でスタートした原因はエキゾーストの問題ではなく、ルノーのF1エンジンの故障だったことを明らかにした。

2021年にルノーからメルセデスのF1エンジンに切り替えることが決定しているマクラーレンは、カルロス・サインツがスタートできなかった原因は“エキゾーストの故障”だと発表していた。

通常、カスタマーはたとえエンジンの故障であったとしても、供給元の自動車メーカーに気をつかって“電気系のトラブル”などでごまかすもの。

「僕がどれくらい不満でイライラしているか想像できると思う」とカルロス・サインツは母国スペインの放送局 Movistar に語った。

「グリッドの2周目で、何か臭いがし始めた。酷い匂いだった。ミラーを見ると、エキゾーストからのたくさん煙が上がっていた、その後、エキゾーストが壊れているように音がし始めた。実際に壊れていたんだけど」

「でも、問題はエンジンの問題が原因だった信じている。シリンダーのね。僕はそういうつもりだったけど、彼らは僕にそれを言わせなかった」

実際、ルノーの2020年型F1エンジンは実際に強力であり、ワークスチームがスパ・フランコルシャンで良い結果を出すのを助けた。

だが、カルロス・サインツはルノーにそれほど満足していない。

「このエンジンはとてもよく走っていたので奇妙だ。このエンジンでの2番目のレースだけど、すでに長くは持たないように思う」とカルロス・サインツはコメント。

「悪いのは、シーズンの最初の問題ではないということだ。リズムに乗ってポイントを獲得できないシーズンになってしまっている」

カルロス・サインツは2021年からフェラーリに移籍することが決定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / マクラーレン