F1 カルロス・サインツ ホンダF1
カルロス・サインツは、ルノーがF1パワーユニットからもっと多くのパワーを見い出せることを願っていると語る。

今シーズン末でワークスルノーを離れるカルロス・サインツだが、2019年もマクラーレンでルノーのF1パワーユニットを走らせる。

「僕たちはエンジン側から最大の打撃を受けた」とカルロス・サインツはオースティンでコメント。

「カナダまではミッドフィールドをリードしたし、当時、スペックBは成功だと思っていた。ホッケンハイムまでは僕たちが持っているものに十分に満足していた。シーズン終了までQ3チームでポイントを獲得できるうだろうと思っていた」

「でも、オースティン、ホッケンハイム、ハンガリーでメルセデスとフェラーリがアップグレードを持ち込んで、僕たちはスパ、モンツァ、鈴鹿のような場所でそれを感じ始めた」

「エンジンの不足分を補うために、僕たちはより多くのエアロをもたらしたはずだけど、主にエンジンが支配している。鈴鹿のレースでは2台のホンダのマシンよりもレースペースが良かったのでオーバーテイクできた。でも、予選では彼らはステップを果たしていたし、僕たちを心配させるようになった。彼らは予選で進歩を果たしたし、Q3に進出していた」

それでも、カルロス・サインツは、2019年にルノーがペースセッターのメルセデスやフェラーリにチャレンジできると確信している。

「この時期はいつも楽観的だ。ルノー、ヴィリーの人々を見ることができるので、1年のこの時期には僕たちは楽観的だ」とカルロス・サインツはコメント。


「冬季テキストで僕の顔は変わるかもしれないけど、それまでは楽観的でいるつもりだし、ルノーはフェラーリやメルセデスのレベルのエンジンを届けてくると考えている。エンジンについて聞いている限りでは、ルノーとマクラーレンが必要としているステップを届けてくれるだろう」

「それによって、僕たちはライバルのトップスピードに近づけるはずだし、この種のトラックでリアウイングに妥協しなくてもよくなるはずだ。そのおかげで僕たちはコーナーだけでなく、ストレートでもメルセデスやフェラーリのマシンと戦えるようになるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルロス・サインツJr. | ルノー | ホンダF1