F1 カルロス・サインツ ダニール・クビアト
ダニール・クビアトが2019年にトロロッソ・ホンダでF1に復帰するとの噂が流れる中、元チームメイトノカルロス・サインツは、クビアトがいつかF1に戻ってくることはわかっていたのでそうなってもまったく驚かないと語った。

2016年シーズン途中にレッドブルからトロロッソへと降格となったダニール・クビアトは、その後スランプに陥り、パフォーマンスは低下。そして、2017年シーズン後半、トロロッソはクビアトを放出し、ピエール・ガスリーを起用している。

今年、ダニール・クビアトはフェラーリのシミュレータードライバーとしてファクトリーで忙しい日々を送っているが、トロロッソは2019年にドライバーとしてクビアトを復帰させると噂されている。

トロロッソで元チームメイトだったカルロス・サインツは、ダニール・クビアトがF1に戻ってきても驚かないと語る。

「最近、彼がF1から離れたとき、僕は彼がいつか戻ってくると感じていた」とカルロス・サインツは Motorsport-Total にコメント。

「僕が彼とレースをしたどのカテゴリーであれ、彼は常に自分の戦い方でトップへと上り詰めてきた。彼は再びそれをやると思う」

「ダニールは、僕がこれまでレースをしたベストドライバーのひとりだ。すぐに父にクビアトはF1で仕事を終えいないと言ったよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルロス・サインツJr. | ダニール・クビアト