F1 カルロス・サインツJr. ルノーF1 モナコグランプリ 2018年のF1世界選手権
ルノーのカルロス・サインツが、2018年のF1世界選手権 第6戦 モナコGPへの意気込みを語った。

モナコでレースをするのはどんな感じですか?
モナコに行くといつも良い気分になるし、グランプリ週末にはその興奮はまた別のレベルまで上がる。モナコは他のサーキットと同じように走ることはできない。独特だし、他の週末とは異なるアプローチが求められる。絶えず壁を意識しているし、週末を通して、全てのラップの全てのコーナーで高い集中力を維持しなければならない。

F1ドライバーはモナコにどのようにアプローチしていますか?
自分とクルマを信頼することが成功した週末にする鍵だ。少しずつ自信を築き上げていって、予選までに100%まで高めることを目指す。モナコでは予選が重要だし、通常、とても激しいものになる。シーズン全体で最もタフなセッションだとも言える。そうでないとしても、そのために違ったレベルでの決断が必要だ。このトラックで予選ラップを決められると、他では味わえない素晴らしい感覚を得られる。

それ以外のモナコはいがかがですか?
レースを離れても完全に異なる週末だ。たとえば、ホテルからトラックに向かうのにスクーターを使うのはクールだ。あらゆる点で本当にユニークな週末だ。煌びやかさと魅力は独特だし、至るところに立派なスポーツカーが停まっていて、ハーバーには物凄いヨットが停まっている。それらっは本当に雰囲気を刺激的なものにしている。

関連:2018年 F1モナコGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルロス・サインツJr. | ルノー | F1モナコGP