ジェンソン・バトン 「メルセデスF1は2022年に勝つ最後のチャンスを逃した」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、2022年にメルセデスF1が勝利する最高のチャンスはメキシコで過ぎなったと考えている。

メルセデスF1は、2014 年から 2021 年まで提供されたすべてのコンストラクターズ チャンピオンシップ獲得してきたが、2022 年のフォームに苦戦している。今シーズン、いくつかのレースで力強いペースを見せており、開幕戦に比べて今年後半はより競争力を高めている。

前回のF1メキシコGPでは、ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルがそれぞれ 2 位と 4 位でフィニッシュした。

現在、コンストラクターズ ランキングで 3 位につけているメルセデスF1は、ブラジルやアブダビで優勝できない限り、2011 年以来の F1 で最初の勝利のないシーズンとなる。

しかし、2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、メルセデスF1は勝つための最高の機会をメキシコで逃したと感じている。

「メキシコは彼らにとって挑戦するのに最適なサーキットだったと思うし、彼らはポールポジションを獲得するのに非常に近かった。ルイスは問題を抱えていた。ジョージは最後の走行でスタジアムセクションに入るところで少しミスを犯した」とジェンソン・バトンは Sky Sports F1 の Any Driven Mondayで語った。

「だから、予選でレッドブルに1台に勝てたのは素晴らしいステップだった。特に彼ら2台でそれができていたので、まったく異なるレースができたはずだった」

「しかし、メルセデスには、それがエンジンパワーであろうと、ダウンフォースに関して車を設計した方法の効率であろうと、直線速度がないので、彼らがハイダウンフォースを走らせると少し問題になる」

「アブダビはサーキットに関して言えば、必要なメカニカルグリップがマシンに備わっていると思う。しかし、問題は、ヘアピンからロング ストレートに抜けるこ部分だ」

「彼らが勝利のために戦うのは難しいだろう。よりスムーズなサーキットは、マシンをさらに低くしてダウンフォースパッケージをグラウンドエフェクト効果で実際に機能させることができるため、彼らにとって最適だ」

「希望は確かにあるが、おそらくメキシコが彼らにとって最高のチャンスだったと思う。しかし、彼らは間違いなく、次の数レースで優勝争いに絡むだろう」

ルイス・ハミルトンが最後の 2 ラウンドで勝利できなかった場合、F1での初めて勝利のないシーズンとなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / メルセデス