ジェンソン・バトン、ウィリアムズF1にシニアアドバイザーとして加入
ジェンソン・バトンは、21年前にF1デビューを場を与えてくれたウィリアムズF1とシニアアドバイザーとして複数年契約を結んだ。

ウィリアムズF1は、2000年シーズンのラルフ・シューマッハのチームメイトとして、当時20歳だったジェンソン・バトンを抜擢した。

2009年にブラウンGPでF1ワールドチャンピオンを獲得したジェンソン・バトンは、Sky Sportsの解説者と並行して、ウィリアムズF1のシニアアドバイザーの役割を引き受けることになった。

「ウィリアムズと契約したともう一度言えることをとてもうれしく思う」とジェンソン・ボタンは語った。

「19歳の時、それは人生が変わった瞬間だった。20年以上前のことだけど、そんなに昔のことではないような気がしている」

「フランク・ウィリアムズ卿が僕を信じてくれたには永遠に感謝している。チームがもう一度成功をするために努力しているので、戻ってきてチームを助ける機会を得られたことをとてもうれしく思う」

「やるべきことはたくさんあるけど、この素晴らしいチームの未来が信じられないほど明るいことは間違いない。始めるのが待ち切れない」

ウィリアムズF1は、ジェンソン・ボタンの30年のモータースポーツの経験は、チームにガイダンスを提供するのに役立つと同時に、ジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィの両方、およびチームのアカデミードライバーをサポートおよび開発するのに役立つと述べた。

ジェンソン・ボタンは2021年シーズンを通して多くのグランプリに帯同し、ウィリアムズのメディアとマーケティング活動もサポートする。

ウィリアムズの次期CEOであるヨスト・カピトは「ジェンソンを復帰させることは、チームとしてコース内外で前進することを助けるもう1つのポジティブなステップだ。ジェンソンは常にチームの友人であり、ウィリアムズ・ファミリーに戻ってくる彼を歓迎することは素晴らしいことだ」

「2000年に、フランク卿はジェンソンがドライバーとして持っていた有望な才能を見て、彼にF1での最初の機会を与えた。彼はワールドチャンピオンの栄光に至ったきらびやかなキャリアを通じて、その最初の約束を十分に果たした」

「最近では、彼はビジネスと放送の両方の世界で洞察力を示しており、パドックで広く尊敬されている人物であり続けている」

「このすべての経験は、技術的にもビジネスとしても、我々の変革に別の層を追加する。グローブの誰もが彼を非常に尊敬していることを私は知っている。そして、我々は彼と一緒に働き始めることをうれいく思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / ウィリアムズ