ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンは、マクラーレン・ホンダが今シーズンのF1の勢力図のなかで競争力を高めて、他のドライバーたちと再び“戦える”ようになったことを楽しんでいると語った。

ホンダと再タッグを組んだ2015年に苦戦を強いられたマクラーレンだが、今年は前半戦が終わった時点ですでに昨年の合計ポイントを15ポイント上回っている。

結果として、マクラーレン・ホンダは、コンストラクターズ選手権の7位につけており、6位のトロ・ロッソとはわずか3ポイント差だ。

「前に近ければ近いほどいいし、少なくとも今の僕たちはバトルができる」とジェンソン・バトンはコメント。

「前は予選を無事に終えても、あとはデプロイメントのせいでみんなにバイバイという感じだった」

「今年デプロイメントはいいし、問題はレースでバトルになるとすぐにオーバーテイクに苦労することだ。オーバーテイクに必要なものが欠けている」

これまでのF1キャリアで成功を収めているだけに競争力のない時期を過ごすのは余計に厳しいのではないかと質問されたジェンソン・バトンは「タフだし、多くのドライバーが他のチームへ移っていく。多くのドライバーが移籍するのを見てきたよね」とコメント。

「うまくいって勝てるクルマやいつも勝てるクルマに乗れることもあるかもしれない。ちょっとしたスランプがあって、特にかなりコンペティティブだった3年の後、2013年はとてもきつかった。あのとき、僕たちは素晴らしい年になると予測していた」

マクラーレンは2013年以降、勝利から遠ざかっているだけでなく、コンストラクターズ選手権で5位よりも上につけていない。

しかし、昨年に遂げた大幅な進歩はマクラーレン・ホンダが正しい方向に向かっている証拠だとジェンソン・バトンは考えている。

「間違いなく正しい方向に向かっているけど、レッドブルに比べれば、空力面で僕たちはかなり離されている。空力的に彼らのマシンはとても強いと思うし、彼らのパワーユニットはメルセデスほど強くないので、僕たち自身を判断するのにちょうどいいチームだと思う」

「かなり前進しているけど、トップ争いをするまでは決して満足できないし、今はまったくそういう状態ではない。まだ道は長いけれど、このチームのみんなは来年に向けて進歩すると前向きに考えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / ホンダF1 / マクラーレン