ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンの超絶ドライビングテクニックが話題になっている。

話題となっているのは、Mobil 1が制作した『240cm Challenge』と題された動画。ジェンソン・バトンは、180cmの幅があるF1マシンで、サーキットに設置された240cmのコンクリートウォールの隙間を全開走行で走り抜ける。

コンクリートブロックの間には左右に30cmずつの余裕しかないが、ジェンソン・バトンは、シルバーストンの高速コーナーやストレートを超絶ドライビングテクニックで走り抜けている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン | ホンダ | マクラーレン | F1動画