ジェンソン・バトンの2022年05月のF1情報を一覧表示します。

ジェンソン・バトン 「バリチェロはF1で最も過小評価されている僚友」

2022年5月17日
ジェンソン・バトン 「バリチェロはF1で最も過小評価されている僚友」
2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、F1での17年間のキャリアで13人の異なるチームメイトと競い合った。

ジェンソン・バトンのチームメイトになかには、BAR時代のジャック・ヴィルヌーブ、マクラーレン時代のルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソというワールドチャンピオンもいる。

ジェンソン・バトン、将来にF1チーム代表を務める可能性を除外せず

2022年5月16日
ジェンソン・バトン、将来にF1チーム代表を務める可能性を除外せず
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、“大変な仕事”だとは思うが、将来的にF1のチーム代表になる可能性を除外していない。

現在、ジェンソン・バトンは、F1デビューを果たしたチームであるウィリアムズF1チームでシニアアドバイザーを務め、チームアンバサダーでありながらチームのアカデミードライバーを指導し、シーズンを通してSky Sportsの解説者の仕事をしている。

ジェンソン・バトン 「元F1ワールドチャンピオンと呼ばれるのは嫌い」

2022年5月1日
ジェンソン・バトン 「元F1ワールドチャンピオンと呼ばれるのは嫌い」
ジェンソン・バトンは、『元F1ワールドチャンピオン』と呼ばれるのが嫌いだと語る、

2018年にホンダがF1から撤退した後、ジェンソン・バトンは、その遺産を元に結成されたブラウンGPに残った。ちょうど、今年と同じような大幅なF1レギュレーションが導入された2019年にブラウンGPは“ダブルディフューザー”ですべてのライバルをスタートで出し抜いた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム