ジェンソン・バトンの2022年04月のF1情報を一覧表示します。

ジェンソン・バトン 「メルセデスが2022年に挽回するのはトリッキー」

2022年4月29日
元F1王者ジェンソン・バトン 「メルセデスが2022年に挽回するのはトリッキー」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、メルセデスF1の2022年の状況に「大いに驚いている」と述べ、彼らが挽回するのは「トリッキー」だと予測する。

2022年シーズンはわずか4レースを終えただけだが、メルセデスF1のチャンピオンシップ防衛の希望はすでに潰えているように見える。

ジェンソン・バトン 「フェルスタッペンがF1史上最高とは言い切れない」

2022年4月6日
ジェンソン・バトン 「フェルスタッペンがF1史上最高とは言い切れない」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、マックス・フェルスタッペンにはレーサーとして天賦の才能があると考えているが、F1史上で最高の才能の持ち主であるかどうかは定かではないと語る。

2015年にマックス・フェルスタッペンの才能が初めてF1グリッドに登場したと段階ではわずか17歳だった。そして、2021年に初めてタイトルに挑戦するマシンとなるレッドブル・ホンダRB16Bを手に入れた。

ジェンソン・バトン 「ウィリアムズF1にとって2022年は構築の年」

2022年4月3日
ジェンソン・バトン 「ウィリアムズF1にとって2022年は構築の年」
ウィリアムズF1のシニアアドバイザーを務める元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、2022年シーズンをウィリアムズF1にとっての“構築の年”だと表現した。

ジェンソン・バトンが2000年にF1キャリアを始めたウィリアムズF1に2021年シーズンに先立ってシニアアドバイザーをして戻り、複数年の契約に合意した。

「ランド・ノリスがマクラーレンとの長期契約で自分を縛ったのは驚き」

2022年4月1日
「ランド・ノリスがマクラーレンとの長期契約で自分を縛ったのは驚き」と元F1王者
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、マクラーレンとの長期契約にサインするというランド・ノリスの見識に疑問を投げかけている。

2019年にマクラーレンでF1キャリアをスタートさせたランド・ノリスは、先月、2025年までマクラーレンとの契約を延長。22歳のノリスのF1での短期的、および長期的な見通しを考えれば、マクラーレンへの忠誠は理論的には懸命な動きにように見えた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム