ジェンソン・バトン 「フェルスタッペンがF1史上最高とは言い切れない」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、マックス・フェルスタッペンにはレーサーとして天賦の才能があると考えているが、F1史上で最高の才能の持ち主であるかどうかは定かではないと語る。

2015年にマックス・フェルスタッペンの才能が初めてF1グリッドに登場したと段階ではわずか17歳だった。そして、2021年に初めてタイトルに挑戦するマシンとなるレッドブル・ホンダRB16Bを手に入れた。

そして、最終戦のファイナルラップまで続いたF1史上最もスリリングなタイトル争いを制し、マックス・フェルスタッペンは24歳で初めてF1ワールドチャンピオンを獲得した。

ルイス・ハミルトンの記録的な8回目のドライバーズチャンピオンシップを阻止したマックス・フェルスタッペンは、2022年も再びタイトル候補としてシーズンをスタートし、シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)とスリル満点の戦いを披露し、開幕2戦で1勝ずつ分け合っている。

マックス・フェルスタッペンは、F1グリッドのなかでもエリートの才能? ジェンソン・バトンはフェルスタッペンには天賦の才能が豊富にあると考えているが、F1史上最高のドライバーだとは自信をもって言えないと語った。

「天賦の才能か? イエスだね。では、彼は最高のドライバーか? 僕にはこれまでに生きてきたなかで彼が最高のドライバーなのかどうかはわからない」とジェンソン・ボタンはSky Sport F1に語った。

「ルイスを見れば、彼はより完成されたレーシングドライバーであり、より多くの経験を積んでいると思う。それが理由かもしれない」

「フェルスタッペンは一生懸命働かなければならない。自分が最高だと思っていても、もっと良くなるためにできることはまだたくさんあるものだ。それがミハエル・シューマッハがとても強かった部分だ」

もちろん、マックス・フェルスタッペンはレーシングファミリーの出身であり、母親のソフィー・クンペンはカートのチャンピオンであり、父親のヨス・フェルスタッペンはF1で100回以上のグランプリをスタートしている。

ジェンソン・バトンは。マックス・フェルスタッペンの両親の両方と競争する機会があり、マックスのレースは“親譲り”だと語る。

「マックスの両親を見れば、彼のお父さんはF1でレースをしていた。僕は彼のお父さんと競争していた、最初のポイントフィニッシュは僕の2番目のレースでブラジルだった。そのポイントを獲得するために、僕は彼のお父さんのヨスを追い越さなければなりらなかった」とジェンソン・バトンは回顧する。

「彼を怒らせたくないものだ。そこには少し攻撃性があった」

「彼は素晴らしい才能であり、これまでで最高のカートドライバーの一人であり、おそらく今日でもそうだ。そして、彼の母親、ソフィーとはカートでチームメイトだった」

「彼女はプロであり、世界で最高の一人だったので、間違いなく親譲りだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ジェンソン・バトン