「ランド・ノリスがマクラーレンとの長期契約で自分を縛ったのは驚き」と元F1王者
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、マクラーレンとの長期契約にサインするというランド・ノリスの見識に疑問を投げかけている。

2019年にマクラーレンでF1キャリアをスタートさせたランド・ノリスは、先月、2025年までマクラーレンとの契約を延長。22歳のノリスのF1での短期的、および長期的な見通しを考えれば、マクラーレンへの忠誠は理論的には懸命な動きにように見えた。

しかし、新しいF1レギュレーションサイクルの初年度となった2022年シーズンを迎え、マクラーレンは新世代F1マシンに問題を抱えてスタートを迎えた。

2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、ランド・ノリスが今後3シーズンにわらって契約で自分自身の身動きを取れなくしたことのメリットに疑問を投げかけている。

「ランドにとって、彼がキャリアのスタート時にこのような長期契約に署名したことは驚くべきことだった」とジェンソン・ボタンはSky Sports F1に語った。

「我々は誰もがチームプレーヤーになりたいと思っているが、3年後にチームがどうなるかは分からない。大当たりすることもあるかもしれれない。あと5年で彼は『Oh, okay』となっていることもあるかもしれない」

「でも、彼にできることは、チームに戻って、問題が何であるかを伝え、解決しようとすることだけだ」

マクラーレンをF1の優勝候補として評価するのは時期尚早だと主張する人もいるかもしれないが、チームはフィールドの最善性でライバルとのギャップを縮めるために身を粉にして働いていることは確かだ。それはMCL36の開発プッシュを通じて続いていくことになる。

ジェンソン・バトンも、マクラーレンにはその運命を好転させる能力とリソースを持っていることは確かだと認める。

「素晴らしいチームだ」とジェンソン・バトンは語った。

「彼らは複数のチャンピオンシップで優勝しており、非常にスキルの高い多くの新しい人々がいる」

「チームビルディング、チームの団結力、そして、彼らができる限り車を開発することが重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / ジェンソン・バトン